たかはし耳鼻科クリニックHP

   亜急性甲状腺炎

ある日、全頚部(甲状腺のある辺り)が急に腫れてきて、そこを触るとすごく痛くなります。

熱がでる人もいます。
熱がでるから、あるいは頸が痛いのをのどかと思い、風邪と間違える人がいます。

甲状腺が急激に破壊されるので、甲状腺に蓄えられていたホルモンが一気に身体に出ます。
最初、強い甲状腺機能亢進の状態になります。
しかし、破壊した甲状腺はホルモンを作らないので、やがてはホルモン低下の状態になる場合があります。

最初、大きく腫れていた甲状腺は萎縮して小さくなります。

甲状腺ホルモンが高い時期には甲状腺ホルモンの機能行進を抑える薬を飲み、低下が見られる場合は
甲状腺ホルモン剤を投与します。