たかはし耳鼻科クリニックHP

        舌癌


=舌癌のお話=

舌癌には好発部位(よくできる部位)があります。舌の両側縁です。

自分の舌をよく見てここに何か今まではなっかったものができていたり硬かったりしたなら,是非、病院で診てもらって下さい。
他の部位にもできますので、舌になにかできていたなら、いつまでも不安に思っているより診てもらいましょう。

以前、癌研頭頸科の部長がNHKの「今日の健康」で舌癌の話をしたことがあったが、次の日の私たちの外来には舌癌を心配する人が50人ほど来られ、3人の比較的早期の舌癌の患者さんが見られた。

舌は簡単に見える部位なので、舌癌の診断には大がかりな機械は必要がない。
見れば診断は多くの場合容易である。

その治療は、癌が小さければ、手術で切っても、放射線治療でも、よく治る。

全身的影響のある抗癌剤の投与は必要がない。
手術で切った場合、腫瘍の大きさとできた場所により違うが、機能障害(言葉の障害)はさほど大きくはない。(腫瘍が大きい場合、言い難い言葉ができるが、言葉が全然わからないということはない。

放射線治療は、セシウム針、ラジウム針といった楊枝ぐらいの針を数本〜数十本、癌に直接さして5〜7日、刺しっぱなしにしておく治療法です。針が刺さっている間は隔離病棟にはいってもらいます。

舌が前のままで治るのが良い点です。

なにやら辛い治療のようにみえますが、患者さんはテレビも普通に見ていますし、夜も良く寝ています。

針の刺さって間中、「痛くて痛くて」ということはありません。

食事は鼻から胃に管を通して流動食を入れます。

舌癌がさらに大きくなって、舌のほとんどが癌に換わったり舌の付け根に大きな癌ができると、残念ながら舌のほとんどをとらなければならなくなります。

この場合、舌がないとどうしても食事が気管に流れるようになります。したがって、喉頭をとる必要があります。
喉頭をとって、食事は胃にしか入らないようにし、気管は下頸に出して、呼吸ができるようにするのです。

このような手術をすると、口に入れた食事をのどの奥に送ることができないので、流動食を上を向いて流し込むような食生活になります。

舌がないので、味覚はほとんどなくなります。まさに生きるための食生活となります。

また、舌と喉頭をとると,全く声が出せなくなります。

このように、頭頸部にできる癌の手術の中でも最も障害の大きなものになってしまいます。

舌癌が何故できるのか、はっきりしたことはわかっていません。頭頸部癌の多くがお酒やタバコなどのいわゆる外因因子によるところが大きいとされており、患者さんはこれらを好む中年以降の方が圧倒的に多いのに対し、舌癌の場合、10代後半から20代の発症も珍しくはありません。

歯が舌に当たることによる慢性的な刺激が、癌ができることと関係しているのではないかと推測されています。

とにかく、舌癌は口の中を見れば診断は容易です。早期であれば、機能障害も残さず簡単に治せますが、進行すると、大きな機能障害が残ります。おかしいと思ったら、直ぐに専門医に見せて下さい。

思い出に残る患者さんのはなし

=舌癌・Aさん(50代 男性)=

Aさんは進行した舌癌で、私の外来を訪れた時は既に舌のほとんどが癌にかわっていた。舌はよく見えるところでもあり自分で触れるところでもあるから、「どうしてこうなるまで病院にいかなかったんだ?」と思われるかもしれない。

当然、Aさんも自分の舌の異変には気づいていた。人間、自分の問題があまりにも重大な場合、結果を知るのが恐ろしくなる事がある。この時の彼の心理状態がまさに「それ」であった。舌の硬いところはだんだん広がり、ついには舌のほとんどが硬くなった。

それにつれて痛みも強くなった。「舌癌かも知れない」という不安が頭の中にはあったが、はっきりと医師から癌と診断されるのが怖い。
彼は日々強くなる痛みと不安を紛らわすためにお酒に逃げた。朝、起きると自動販売機にお酒を買いに走る。それから寝るまで一日中、酒びたりの毎日である。
ついに、見かねた奥様に連れられて私の外来を受診した。

このように舌が殆ど癌になってしまった場合,舌を全部とらなければならない。
舌がないと食べた物が気管に流れ易くなってしまうので喉頭もいっしょにとることになる。舌と喉頭がないので声が出せなくなる。食物を口に入れてものどの方へもっていけないので、食事は流動食を流し込む事になる。舌がないので著しく味覚はおちることとなる。

頭頚部癌の手術の中では最も重い障害を残す手術といえる。

彼は手術から20数年たった今も過酷な障害と闘って元気で頑張っているとのことで、北海道に移った今も律儀に年賀状をくれる。
手術を受けた頃年頃の娘さんが二人いたが、今頃は大きくなったお孫さんと笑っている彼が目に浮かぶようだ。

=Bさん・舌癌 (50代 男性)=

Bさんも進行した舌癌で、癌を治すにはAさんと同じく舌の全部と喉頭をとるしかないと考えた。Bさんも当初はその手術を受けることに納得していた。

手術をひかえたある日、夜のテレビの二ュースを見ていると、医師のセカンド オピニオンの特集をやっていた。
耳鼻科医に舌と喉頭を全部とるしか良い方法がないと言われた患者さんが癌専門の病院に行き、その道の大先生に診てもらった。
喉頭を残しての手術がで良いと言われて、大先生に手術してもらった。
その結果、患者さんは普通にお話ができ、普通に食事もでき、(癌がその後も治っているのかはわからないと思うが。)大喜びで普通に暮らしている。
一人の医者の判断を鵜呑みにしないで他の医者の意見も聞いてみることが必要 という内容だった。嫌な予感がした。

次の日、病室にいってみると、いつもは暗い顔のBさんが妙にニコニコしている。

予感は当たったようだ。「先生、昨日の二ュース、見ました?私、決めました。先生に手術はしてもらいますが、喉頭は残して下さい。」

(喉頭を残してはたして上手く食べられるのか?喉頭の近くまで癌がきているが、喉頭を残して癌は再発しないのか?大先生に手術してもらったら良いのに。)

とにかく、患者さんが頑固に拒否している以上、喉頭は取ることはできない。

家族と相談した結果、喉頭を残して、とりあえず癌を取る。
嚥下訓練をして食べられない事に患者さんが納得したところで喉頭を取る。

傷が良くなり、そろそろ嚥下訓練という頃、彼は食事を吐いた。手術後は鼻から胃に管を入れて、流動食で栄養を摂っているが、それを吐いたのである。吐物の多くが気管に流れ込んだ。その結果、彼は重い肺炎にかかった。

人工呼吸器をつけて4ヶ月頑張ったが、Bさんは亡くなった。あのニュースが少し遅かったなら、私は喉頭を取った医師として彼に憎まれていたかもしれないが、今頃元気でお孫さんに囲まれていただろう。


=Cさん・舌癌(90代 女性)=

Cさんは90歳を過ぎた高齢の方だが、大変御元気である。

私の外来を受診、診ると舌の側縁に3cm 程の癌ができている。
この程度の癌なら手術でも放射線でもよく治る。
放射線治療は放射線のでる楊枝ぐらいの針を腫瘍の大きさに合わせて舌に刺しっぱなし、5日〜7日、隔離病棟に入っていてもらう治療法で、ほとんど以前の舌のままで治る。
高齢なので心配だったが、放射線治療中も良く頑張ってくれた。

心配したリンパ節転移もでなかった。これだけでは普通の放射線治療患者さんで私の記憶には残らなっかっただろう。

彼女の家は私のアパートのすぐ近くにあった。舌癌が縁でしばしばお茶に呼ばれ,良い茶飲み友達になった。

彼女からとってもモダンな手編みのセーターをいただいた。
「誰に編んでもらったの?」しばらく医局の興味の対象だった。
「名前は言えないけどファンの看護婦さんから・・・。」


=Dさん・舌癌 (50代 男性)=

Dさんは、当時、人気のあったテレビのリポーターである。
最初、まだ癌が小さい段階で他院で舌癌の診断を受けている。
しかし、言葉(舌)は彼の商売道具である。
万が一、治療によって舌に障害が残って言葉が不自由になることは彼には絶対に受け入れることはできないことだった。
彼は治療を受けることを拒絶した。
その時の彼の決断は大変に辛いものがあったと思うが、癌は彼を見逃してはくれなかった。

私の外来を訪れた時、彼は診察を待つ間、舌の痛みのために、待合室の廊下にころがってのたうち回っていた。
後にも先にも、その様な患者さんは他には知らない。

私が診察した時には舌が半分以上,溶けていた。
有名なリポ−ターであることはすぐに分かったが、舌喉頭全摘以外に良い方法は思いつかなかった。

彼は舌喉頭全摘術を受けた。リポーターが永久に声を失ったのである。

しかし、彼のレポーター魂は健在であった。彼は自分の闘病を積極的にテレビに露出した。
流動食を流し込むことしかできない自分の障害を隠さずに見せた。
障害にも負けず頑張る姿は感動的ですらあった。
しかし、残念ながら,肺転移がでて亡くなった。

リポーターは最後までリポーターだった。最後に素晴らしい自分の闘病記を世間に発表して、彼は逝った。

=Eさん・舌癌 (60代 女性)=

Eさんは自分の病気に対してとても心配症な人でした。
10年前に右の舌側縁に癌ができて放射線治療で治っていますが、今度は、左の側縁に癌ができたのです。

幸い、今度は早期発見でしたので簡単な手術ですみました。

心配症の彼女に2度も癌ができたのです。その不安は大きいものがあります。

「先生、またできないでしょうか?」

「できるかできないかは私にも分からないし、どんな大先生でも分からないでしょう。」

「そうですね。でも、またできないでしょうか?」

「前は頸のリンパ節に転移して手術しましたが、今度のは大丈夫でしょうか?」

「今度のは舌の癌が小さいから大丈夫だと思いますが、絶対にでないかどうかは私にも同じように分かりません。」

「そうですね。ところで舌にまたできないでしょうか。」

毎回繰り返されるEさんと私との漫才のような診察風景である。
その後、彼女の舌に癌ができたのか否かは、私は残念ながら知らない。


=Fさん・舌癌 (60代 男性)=

Fさんは、会社の社長。
どんな会社なのか詳しくは知らないが、数ヶ月後に数十億の事業の起工式があり、その式で挨拶をしなければならないので、それに間に合うようにして欲しい。私の外来を受診した時の彼の希望であった。

診ると舌の側縁に癌があり、既に頸のリンパ節に転移がみられる。

舌の癌は、この程度なら舌の半分を切除する手術で十分である。

「大丈夫ですよ。手術をしても、この程度なら、ほとんど言葉も普通で済みますし、食事も普通の食事ができます。傷が良くなってから嚥下のリハビリが必要ですが、それでも起工式には十分間に合いますよ。」

手術が終わり傷も良くなりそろそろリハビリという頃、彼は心筋梗塞の発作を起こした。

数日おきに発作を繰り返すひどいものであった。

癌研は癌専門病院なので癌専門の日本的名医は多いが、心臓に詳しい内科医はいない(今はいる。患者さんに癌以外で問題があると,全て内科の専門の先生が診てくれるシステムになっている。)

私の学生時代に習った心臓の知識ではとても無理である。

たまたま医局の友人のおじさんが近くの某医大の心臓専門の内科の助教授をしていた。

電話をすると快く診てくれるとの事。休日にしか来られないため、日曜日にもかかわらず診察にきてくれた。

「もう一度、発作が起きたら死にます。家族へは、その事を家族に伝えておいて下さい。」

そう言って、薬の使い方と患者さんのチェック・ポイントを教えてくれた。

家族にお話をして数日後、また強い発作が起きた。
なんとか救命し得たが肺に水が溜まった。(人間の身体は心臓のポンプ機能がおちると肺に水が溜まるようになっている。)
呼吸状態が悪いので人工呼吸器をつけた。

彼との約束が非常に気になった。家族にもあせりがあった。

「これ以上、どうか発作をおこさないでくれ。」祈るような気持ちだった。

幸い、2ヶ月を過ぎる頃から、まるで薄皮を剥がす様にFさんは元気になってくれた。

3ヶ月後、外を散歩できるようになった。
はじめて外泊した時、かれの家の近くの公園を散歩したそうである
「丁度、桜が満開でした。」Fさんは満面の笑みを浮かべていた。

約束どうり、起工式には間にあった。残念ながら、その後に肺転移があらわれ癌で死亡した。
あの時、助教授の先生がいなかったなら、私はFさんとの約束をまもれなかっただろう。

=Gさん・舌癌 (50代 男性)=

Gさんは、私が医者になって始めて「癌告知」をした患者さんとして、私の記憶に残っている。

Gさんは北海道の某大学の英語の教授だった。
舌の付け根がガチガチの癌で、舌のほとんどと喉頭をとらねばならない状態。
そうなると英語の先生を続けることはできない。

卒業したての若僧が、人生の大先輩に、「大きな障害を残す手術を受け、それでも障害にめげずに頑張って欲しい。」と説くのである。

お話をする前の晩はよく寝られなかったことを覚えている。

Gさんは手術を受けることに納得してくれた。手術の前には、最終講義として自分の声を録音して手術に望んだ。

その後どうしているのか知らないが、生きていればとうに70歳は超えている。

Gさんばかりではなく、私は実に多くの患者さんに「癌の告知」をしてきた。
それらの患者さんは治療をうければ命は助かる可能性のある人だった。

特に頭頸部癌は手術後に障害が残ることが多いので、「癌の告知」をして自分の病気が癌であることを話さないと手術を受けてもらえない。

私は医者になって20数年になるが、遠隔転移などで全く助かる希望のなくなった患者さんに「末期です。打つ術はありません。」そのような話を患者さんにしたことがない。

私事ですが、20歳の時、身体をこわして1年入院生活をしたことがある。自分は長らく「若くして死ぬんだろうな。」と思っていた。

でも心の中には相対する気持ちもあって「もしかしたらこの病から助かるかもしれない。」という気持ちもあった。その時感じたことは、病に打ち勝つには希望が必要であるということである。

もし私が、今、「後、数ヶ月です。」と言われたら、心の平静を保つ自信がない。泣き叫ぶかもしれない。

私には、患者さんの希望をうばって、その後の患者さんの精神のケアーをおこなう自信がない。

私の知り合いは肺癌で亡くなったが、診てくれた癌専門病院の呼吸器内科の若い医者は「癌の告知」はしたが、精神的なケアーについては無頓着だった。

旅行好きだったので「良くなったら再び外国旅行に行きたい。」と言うと、「そんなことは二度とできない。」と打ち消したという。患者さんのそのときのショックはいかほどだったろう。

残された時間はどのくらいかを患者さんに告げるのが最近の流行らしいが・・・。

 

 

=Hさん・舌癌(60代 男性 )=

Hさんは身内がいない。
舌に小さい癌があり、頸に大きなリンパ節転移がある。この程度の舌癌ならさほど大きな手術にはならない。

手術の日の朝早く、病棟から電話がかかってきた。
「今日、手術予定のHさんが手術が嫌だと言って泣いています。すぐ来てください。」
(私は当時、病院のすぐ傍にすんでいた。)

すぐに病院に行ってみると70歳になろうかというHさんが,まるで子供が“だだ”をこねる様に「手術いやだ〜。」と、病棟中に響く声で泣いている。

昨日は手術に納得していたHさんだが・・・。そんなHさんも、その後、他病死した。

 

=Iさん・舌癌(50代 女性)=

もしもIさんがこのホームページを見ていたら「私は記憶に残らないの?」と怒られそうな、元気の良い患者さんである。
彼女は他の病院で舌の一部を切って、頸のリンパ節の手術を受けている。

それが再発したのである。鎖骨の上の皮膚が真っ赤に腫れて、そこから癌細胞が見つかったのである。

この様な再発は、まず助からない。手術をしてから随分と時間がたった。
もう大丈夫である。治ったのは奇跡的ですらある。

癌研をやめてから都内の某病院で一般の耳鼻科として働いていた時、一度、息子さんを連れてきたことがある。
「明日、息子の大学試験があるのだが、風邪をひいて熱がある。明日までに治して欲しい。
その後、彼が合格したかどうかは知らないが、失敗しても私の責任ではありませんから・・・。

彼女は大変元気で、私が北海道に戻った今でも年賀状をくれる。

 

 

=Jさん・舌癌(50代 女性)=

Jさんの癌は特殊なタイプのもので,舌の付け根がガチガチに硬かった。
舌根のほとんどをとらなければならないが、特殊な組織型なので喉頭は残すことができる。
問題は舌根を取ったところをどうするかである。
従来の方法は、前腕の皮膚を移植したり腹部の皮膚と筋肉を移植したりする。
その方法では、喉頭を残しても、舌根のほとんどがないので上手く食事をしたり話したりできるのか大いに不安であった。
そこで、当時は画期的な方法であった腸の一部を口に移植した。

これが、思ったより上手くいった。
食事も普通の食事で言葉も問題なかった。
私はJさんによく「あなたは口を開けると自分の生きた腸が見れる珍しい人ですよ。」と言っていた。

あれから随分たつ。もう、心配はいらない。

Jさんも今でも「元気でやっている。」と年賀状をくれる。

 

 

=Kさん・舌癌 (20代 女性)= 

Kさんは眼の“クリ”とした美人だった。
かわいくて若いから記憶に残っているのではない。
治療経過がいろいろあったので、私の記憶に残っている。

Kさんの癌は、初診時、1cmほどの小さなもので、舌は癌の周囲の正常な組織を十分含めて切除している。
この程度の癌なら術後の機能も問題なく、通常はこれで治ってくれる。

手術後の2年ぐらいは外来に通っていたようだが、その後は受診していない。

数年後、「舌がおかしい」と外来に訪れた。舌のほとんど全部が癌に換わっていた。
治ったとばかり思っていたのに・・・。

本来なら舌喉頭全摘出の手術が必要だが、本人も家族もそんな手術は拒否である。
我々も手術はしたくはない。相談の結果、放射線の針を刺すことになった。私が主治医になった。

多数の針を刺した。よく治療にがんばってくれたが、残念ながら下顎骨から頸部にかけて再発した。

ある日、用事があって癌研から大塚の駅への道を歩いていると、彼女が電話ボックスで誰かに電話をしているのを見かけた。
その時には癌の進行で、声を出す神経は麻痺し、声は出しにくくなっている。
泣きながら懸命に誰かに話している。彼女の辛さが伝わってくるようだった。
彼女が亡くなった後もあの電話ボックスを見ると、彼女のことを思い出した。

小さかった癌が、このような結果となってしまうとは、初診時には夢にも思わなかった。

亡くなってからお母様に、彼女の思い出に作りましたとのことで、彼女が生前かわいがっていた愛犬のテレホンカードをいただいた。
使わずに大事にとっておいた。